2007年12月05日

水ーその3

[ナダーナの井戸水]奇跡の水のなかには、科学的な調査が行われてはいないにもかかわらず「神の水」として人々に深く信仰され、敬われているものもあります。
インドの首都デリーから北へ150km行ったとこるにあるナダーナ村で、1992年9月のある日、すでに枯れてしまった井戸から再び水が湧き出しました。目を患っていました井戸掘り職人が井戸水で目をあらったところ、一晩で回復し、持病の夜尿症まで直ってしまったそうです。
ある日、小児麻痺でまったく歩けなくなった5歳の少女がこの水の恩恵にあやかりたいと訪れました。1週間ほど水を浴び続けたところ、ほとんど治って歩けるようになったということです。神の恵みなのか、はたまた地球のいたずらなのか、「ナダーナの神秘水」は、噂が噂を呼んで広まり、今では毎年50万人もの人が押し寄せ、多くの治癒例が報告されています。
posted by ひょうたん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。