2007年12月19日

活性水素水

人間の身体が水で出来ていること、世界の「奇跡の水」が様々な病気を癒し、治癒することはお分かりになったと思いますが、小学生でも知っている「酸化」「還元」ということが人間の身体でも起こっていることをご存知でしょうか?人間でいう酸化とは、口から食べた物を体内で燃焼させることで、そこからエネルギーを得て活動しているのです。これが人間の酸化作用で、その結果として、身体に「錆」が溜まります。
これが「老い」や「老化」という現象です。ところが「還元」という反対の作用があり、とりついた酸素(活性酸素)を取り除くことで「酸化
」を押さえ、「老い」や「病気」から人間を解放しているのです。
その役割を果たすのが「活性酸素」の還元作用というわけです。しかも「活性水素」をたっぷりと含んだ還元水を毎日飲むだけで可能なのです。そして、その「活性水素」をたっぷりと含んだ水が、人工的に作られる事が出来、ある博士の研究で証明されたのです。
posted by ひょうたん at 10:00| Comment(44) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

水ーその4

[ノルデナウの水]ドイツの中央に位置し、フランクフルトから100kmほどのところにある山間の小さな村ノルデナウ。ホテルを営むテオ・トメス氏は、ワインにいろいろ注文をつけるオランダ人のお客様を貯蔵庫の代わりに使っていた西洋カワラの岩石採掘場跡に案内しました。廃坑に入るや否や、オランダ人客は「この中には強いエネルギーを感じる。ここで瞑想し、ここの湧き水を飲むと病気が癒されるだろう」と告げたそうです。実際に、様々な病気が癒され、チェルノブイリ原発事故が起きた後、トメス氏が白血病の子供を招待して水を飲ませると、一人の子供の白血病が完全に治ってしまったそうです。こうした世界の「奇跡の水」にも負けない水が日本にもあります。一つは、世界でも10番目に入る長寿村・棡原(ゆずはら)村の水であり、二つ目は、岡山県新見村の「新見の水」、そして最近では、大分県日田市の「日田天領水」が有名です。それでは、これら世界でも名だたる「奇跡の水」はどうして難病を緩和し、不治の病を治癒するのでしょうか?その理由が最近の研究の結果、学術的にも立証されました。次にその研究が結実されました事実をお知らせ致しましょう。
posted by ひょうたん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

水ーその3

[ナダーナの井戸水]奇跡の水のなかには、科学的な調査が行われてはいないにもかかわらず「神の水」として人々に深く信仰され、敬われているものもあります。
インドの首都デリーから北へ150km行ったとこるにあるナダーナ村で、1992年9月のある日、すでに枯れてしまった井戸から再び水が湧き出しました。目を患っていました井戸掘り職人が井戸水で目をあらったところ、一晩で回復し、持病の夜尿症まで直ってしまったそうです。
ある日、小児麻痺でまったく歩けなくなった5歳の少女がこの水の恩恵にあやかりたいと訪れました。1週間ほど水を浴び続けたところ、ほとんど治って歩けるようになったということです。神の恵みなのか、はたまた地球のいたずらなのか、「ナダーナの神秘水」は、噂が噂を呼んで広まり、今では毎年50万人もの人が押し寄せ、多くの治癒例が報告されています。
posted by ひょうたん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。