2007年11月28日

水ーその2

それでは良い水、清潔な水とはどんな水のことでしょう。汚れの無いことや人工的に塩素など添加物がはいっていないことに加え、@必須ミネラルがバランスよく豊富に含まれていること、A程よく磁化していること、B分子がきれいに整っていて密度のたかいこと、の条件を満たすことが特別に良い水といえるのでしょう。
世界中で良い水の代表として「奇跡の水」と呼ばれている水がありす。
[ルルドの泉]フランス南西部、ピレネー山脈の麓にあるルルド村は、年間500万人もの巡礼者が訪れる「軌跡の水が湧き出る」聖地として有名です。ここに湧き出る水は、飲んだ人の病が癒されるという不思議な水で、いまではカトリック(キリスト教の旧教)最大の聖地となっています。
[トラコテ村の水]メキシコシティから北へ約300kmのところにある人口85,000人のトラコテ村で、農園を営むヘイス・チャン氏は自分で掘った井戸水を飲み始めたところ、長年の腰痛が嘘のように治まり、痛みが消えてしまいました。世界中に広まった噂にウルグアイの総合病院の医師が、早速この水を患者に与えてみたところ、8割を超える割合で病状が好転したそうです。
posted by ひょうたん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

水ーその1

人間の身体の60%は「」でできているといわれます。新生児だとさらに高く、体重の80%が水だそうです。もう少し詳しくお話しますと、生命の最小単位は細胞で、タンパク質、核酸、糖質などの生体高分子と呼ばれる物と脂質やさまざまなイオンなどが複雑な構造で組み合わされていますが、これらの諸要素を結び付けているのが「」なのです。これは人間に限ったことではなく、生命体は一見、固体のように見えますが、ほとんどが「」なのです。魚は75%、リンゴは85%、トマトは90%、クラゲは96%水なのです。そう考えますと人間や生物にとって「」はいかに大切なものであるかが解っていただけるでしょう。
その大切な「」が近代社会の環境汚染において汚されてきました。今、日本では「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」等と様々な清涼飲料水(ボトルウォーター)が飲料水メーカーから製作販売されております。それは飲み水を清潔で身体に良い物として取り入れるようと欲求し始めたからです。
posted by ひょうたん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

EM-X その3

では、もとをただせば単なる清涼飲料水にすぎず、薬として認められたわけでも、その効果のメカニズムが現代医学の主流から認められた物質でもないEM-Xが、なぜあらゆる病気に何らかの改善効果が認められるのでしょうか?1992年2月、ハワイで開かれた第3回「日米癌学会合同会議」で、カリフォルニア大学医学部ドゥルー医学研究所のマンドー・ゴーナム博士が発表した研究報告が世に知らされた最初のもので、その結論のより「EM-Xは副作用の無い新しい免疫治療剤」と位置づけられました。その後も研究は続行され、これまでにEM-Xは、NK細胞・B細胞・T細胞など免疫系の細胞、それからマクロファージ(大食細胞)などの活性を著しく高めることが確認されています。
すなわちEM-Xは、現在知られる限り最強の抗酸化物質だということなのです。
posted by ひょうたん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

EM−X その2

「甦る生命」・「EM−Xが生命を救う」を出版されました埼玉県和光市・市長で田中医院院長で医学博士の田中茂先生は1992年に市でEMを生ゴミ処理や汚水浄化・農業改良などに使用したときに、医師としての好奇心と使命感から、動物実験を重ねた後、自分の体で実験を試みました。すばらしい体験の後、患者さんに試用するにあたって厚生省の「別にかまわない」との答えを得て試用を開始したのです。肝硬変・重症リュウマチ・糖尿病・膠原病・ガン・アルツハイマー病・心臓病・アトピー性皮膚炎など完治は困難といわれています病気の治癒や改善に効果的であることが解りました。これは現代医療に不信感や絶望感を抱いている一般の人々にとって、EM−Xは希望の灯ともいえるかもしれません。
posted by ひょうたん at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。